申し込み方法」カテゴリーアーカイブ

女性専用キャッシングのメリットとは

女性が借入をする際に消費者金融の利用は少しハードルが高いと感じるケースがあるようです。そんな女性でも安心して利用する事が出来るように、女性専用キャッシングサービスを展開している業者も増えています。女性専用キャッシングとは、受付や電話などを女性スタッフが対応してくれるサービスですが、女性ならではの気配りによって、女性に安心感を与える事が出来ると人気になっています。

また借入した後の返済などに関する相談も女性スタッフが対応し、最後まで女性が安心して利用できるようになっています。多くの女性にとって消費者金融の男性スタッフに対して、威圧感を感じるケースも多くあり、このようなサービスが求められています。大手の消費者金融の場合は女性専用キャッシングが可能になっているので、これから消費者金融の利用を考えている女性は、このようなサービスを利用してキャッシングやカードローンを活用してみましょう。

気になる審査などに関する事や、借入などの限度額などは一般的なキャッシングと変わりはありません。女性だから審査に通りやすいといった事はないという事ですが、女性が安心して使いやすいサービスになっているので、検討しても良いのではないでしょうか。

都市銀行4行のカードローン比較

都市銀行4行として利便性の高いカードローンの提供を行っている、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行ですが、一見するとどれも同じように見える各社のカードローンも詳細に見てみると、商品概要や利便性などは大きく違っています。都市銀行4行のカードローンの概要などについて比較を行っていきます。

・三菱東京UFJ銀行バンクイック

金利は年1.8%?14.6%、融資限度額は最高で500万円です。なお専業主婦でも申し込みができることやカード発行までの時間が最短で40分という点に特徴があります。

・三井住友銀行カードローン

金利は4.0%?14.5%、融資限度額は最高で800万円です。審査にかかる時間が最短で30分である点や、審査書類の提出が一切不要で契約できる点などに特徴があります。

・みずほ銀行カードローン

金利は年3.0%?14.0%、融資限度額は最高で1000万円です。利用限度額は都市銀行のカードローンの中で最も高額ですし、エグゼクティブプランの契約者であれば、利用残高に応じてプレゼントがもらえる特典もあります。

・りそな銀行プレミアムカードローン

金利は年3.5%?12.475%、融資限度額は最高で800万円となっています。最大金利が他社のカードローンの最大金利よりも低いので、少額の限度額でもお得に借り入れができます。

消費者金融で即日借りるまでの流れ

皆さん、消費者金融の広告などで「即日融資!」なんて文字を目にしたことがあるかと思います。

心のどこかで「またまた上手いこと言って。結局なんだかんだで手続き面倒そうだし、即日は条件が揃ってないと無理なんじゃない?」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

では実際に即日融資を受けるまでにはどんな流れがあるのでしょうか。

大まかにいうと以下のとおりです。

1.web申込

2.審査

3.カード発行若しくは振込融資

はい、これだけです。

まず、web申込ですが、本当にwebだけで完了します。自分の氏名や住所、生年月日などを入力して、勤務先の情報も入力します。ついでに身分証はスマホで撮影した写真を送ればいいんです。

ここで注意しなければいけないのが、申込内容に間違いなどがあると、後々の手続きなどで非常に時間がかかります。

その後審査が始まるわけですが、午前中に申し込んだ場合、「即日」を謳っている消費者金融であれば数時間もしないうちに審査が完了します。午後の申込みでも大抵は夕方までには審査が完了します。

審査完了はメールや電話でお知らせが来まして、その後カードの発行方法や融資方法についての案内を受けた後は、融資実行という流れです。

契約書などは後日発送されてくる書類に目を通したりすればいいので、やはり緊急時の即日融資が必要となった場合は即日融資可能な会社を選ぶのが得策ですね。

初めてのキャッシングはどうなるのか?

お金を借りずにずっと生活出来ればいいのですが、どうしてもお金が必要な場面が出てきます。例えば、進学や就職で引っ越ししたり、物品を購入したり、子供が出来たりとどうしてもお金が必要な場面が出てきます。ですから、お金を借りたいと思っている人は多いと思います。特に、初めてキャッシングを利用する人にとっては不安な面が多いと思います。その不安な面が少しでも解消されるように書いてみたいと思います。

まず、キャッシングをする業者を選ぶ必要があります。業者は大きく分けて銀行系の物と、消費者金融系のものがあります。金利や借入出来る金額に差があるので自分の都合に合わせて業者を選ぶ必要があります。

キャッシングの申込方法ですが、多くの場合ネットから簡単に申込が出来ます。この申込の注意点ですが、絶対に嘘を書くのはやめましょう。勤続年数や年収の部分で不安を感じる人も多いと思いますが、年収を多く書いたりしないようにしてください。嘘を書いても必ずバレてしまいます。

申込したら確認の電話やメールがきます。必ず対応しましょう。確認が出来ないと審査に入ることができません。その際在籍確認の電話があります。在籍確認の電話は個人名を名乗ってくれるので心配しなくても大丈夫です。早いところでは、申込から借入まで即日です。あまり不安にならずに申込してみましょう。ただし、当たり前ですがしっかりと返せる金額だけを借りるようにしましょう。計画性が大切です。

学生でもキャッシングができるのか

実は学生であろうとキャッシグをすることは可能です。但し、当然ですが18歳は無理です。では、それを超えて良いのか、となりますがそれも駄目です。あくまで20歳を超えていることが重要になります。これは民法上の契約行為云々という話になるのですが、要するに20歳を超えていればよいわけです。

20歳を超えて、学生となりますと大学生か専門学校生あたりになるでしょう。例外がないわけでないですが、とにかく学生であろうと20歳以上であればまず最初のハードルを超えることができるようになります。そして、もう一つ、大事なことがあります。それはなんといっても収入があるのかどうかです。

学生で収入がある、というのはアルバイトになります。アルバイトであろうと収入がある、ということはとても重要なことになりますから、これはしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。つまりは無収入では貸せない、ということです。銀行系のカードローンなどであれば貸してくれることはありますがそれでもかなりハードルが高くなってしまうことになります。

キャッシングであろうとカードローンであろうとお金を借りるということはなかなか難しいことにはなるでしょう。それは学生でも何でも同じです。

複数の業者にキャッシングを申し込むと審査が不利になる

消費者金融でキャッシングをする時は審査が可決しないと利用する事が出来ないので複数の業者にキャッシングを申し込んでしまう人がいます。複数の業者にキャッシングを申し込んでおけばどこかの業者は利用出来ると考えているようですが、逆効果になってしまう可能性が高いので複数の業者にキャッシングを申し込まないようにしましょう。

キャッシング、ローン、クレジットカードなどを利用すると信用情報に利用記録が残ります。それで消費者金融の審査の時にはその信用情報を確認するのである程度の返済能力というのが分かってしまいます。特にキャッシングの場合は申し込みをしただけでも信用情報に残ってしまうので複数の業者に申し込んでしまうとバレてしまい返済能力を疑われてしまいます。そのため審査が否決されてしまう可能性が高くなるので注意しなければいけません。

消費者金融の審査は基本的に審査通過率が高いので1社だけ申し込みをしても余程の問題が生じない限り審査は可決されます。そのため審査が否決された時の保険をかけるような感じで複数の業者にキャッシングを申し込んでしまうのはナンセンスなので自分に合った業者を1社だけ選んでから申し込みをするようにしましょう。

消費者金融のキャッシングに助けてもらいました

それほど多額のお金ではありませんでしたが、5,6万円ほど急に必要となってしまったときがありました。私の職業はフリーターで貯金もほとんどしていませんでした。どうしたら良いのか真剣に考えました。いくら考えても答えはひとつしか無いように思えました。その答えとは消費者金融から借りることです。

フリーター仲間にも消費者金融のキャッシングを利用している者がいたので、私でも消費者金融であれば貸してもらえる可能性はあるのではないかと思ったのです。そこで、もう消費者金融しか助けてもらえるところはないという気持ちで消費者金融のホームページを開き申し込みをしたのです。その日は審査に合格したというという知らせが届く瞬間まで仕事が手につきませんでした。

キャッシングの審査結果は嬉しいことに合格でした。キャッシングカードが届くまで少し時間がかかるようだったので、私は保有している銀行口座に直接お金を入金してもらえるようにしました。希望借入額は5万円で申請しました。キャッシングで借りた5万円はその後、少し無理をして一回で完済しました。無利息キャッシングの利用がてきたので無理して一括返済してしまいました。

正直に言えば、私も消費者金融を利用することにまったく抵抗が無かった訳ではありません。それでもフリーターの私にまでお金を貸してくれたことにはとても感謝しています。

必見!キャッシングは主婦でも申し込めます

キャッシングは主婦でも申し込み可能です。消費者金融でも銀行でも可能です。ただし全てがやっているわけではないので、前もって調べると良いでしょう。

まず、「配偶者貸し付け」と「銀行のカードローン」の2種類があります。

消費者金融と銀行のカードローン共に配偶者すなわち、夫に安定した収入があることが必須になります。ちなみに専業主婦でも消費者金融では借りられますが、銀行のカードローンの場合、NGの場合があります。

専業主婦の人には、消費者金融の方が敷居は高くないと言えます。

消費者金融で主婦の人が借りる場合、いくつか必要な書類があります。それは、妻の本人確認書類や住民票、戸籍抄本など夫婦であることを証明する書類、旦那さんの同意書、最後に源泉徴収票や所得証明書など旦那さんの収入証明書が必要です。

また、借り入れられる限度額があります。旦那さんと奥さんの二人合わせた収入の3分の1です。例えば、二人合わせて年収が300万円であるならば100万円借りることができます。

このような仕組みになります。

アルバイトのキャッシング申し込みの注意ポイント

別にアルバイトでもキャッシングをすることは、決して難しくないです。むしろ、顧客としてはなかなか上等であるといえます。何しろ、かなり借りてくれる可能性が高いからです。問題は返済能力であり、それがしっかりとしているのであれば別に問題なく貸してくれます。

その点に関しては心配する要素はないです。ですが、そもそもアルバイトのような非正規雇用の人が借りる時には注意点があります。

これは借りる側の問題です。確実に返せる見込みがあるのであれば借りること、という点になります。業者としてもしっかりと返済能力は計っていますが、それでも自分で問題ないかどうかを判断してから、借りるようにするのが重要なポイントであるといえます。

借りすぎることに対して自制できるのであれば問題ないですが自制心がないと自覚できているのであれば借りるのは仕方ないとしても、借りたらすぐに返すことです。後は利用後は発行されたカードを破棄することです。

これが安全に使う方法になります。